ソケットレンチと差込角

差込角

ソケットレンチとはサイズの違うボルトを締め付ける為に作られました。

ボルトに合うサイズのソケットにそれを回すレンチと組み合わせて使用します。
ラチェット

ソケットにラチェットレンチを取り付けるための差込角(差し込むための正方形)が決められています。

6.35sq(6.35mmのスクエア)

9.5sq(9.5mmのスクエア)

12.7sq(12.7mmのスクエア)

が主なサイズです。

ソケットとラチェットのような差しかえ工具ができたことで様々な組み合わせが可能となり、工具がより一層面白くなりました。

そしてより工具の魅力がふえたのです。

最初に差しかえ工具を作ったのは、後のsnap on(アメリカ)の創業者ジョセフ・ジョンソンです。