ヘックスレンチとヘックスビット

ヘックスビット六角レンチ(ヘックスレンチ)といえばL字型の両側を使えるものがよくありますが、

固く外しづらい六角ボルトを外すときは柄の部分がしなってしまいます。

ボルトが緩んだ瞬間に勢い余って手をぶつけたりと怪我をしてしまうことがありますよね。

最悪、出血なんてことも・・・。

そんな時、力を発揮するのはヘックスビットにラチェットレンチを組み合わせ使う事です。

ラチェットなら力をかけ易く力加減も調整しやすいため、勢い余ってケガをすることも少ない

でしょう。

柄の部分もヘックスレンチより太いため手が痛いこともありません。

ヘックスレンチのボールポイントはすごく使いやすいですが、ヘックスビットであればボール

ポイントエクステンションバーや首振りエクステンションバーが使えるため、回しづらいところ

でも安心です。

もちろんラチェットの機能も使えるため、いいことずくめではないでしょうか?

ヘックスビットもロングとショートがあり、臨機応変に使い分ければいうことなしですね。

ヘックスビットの使いやすさ、特に安全性を改めて感じた今日この頃です。