ソケットレンチの始まり

1920年代にアメリカで自動車の製造がされ始めた頃、

工場の多くの鍛冶屋さんが自作のソケットとそれを回すためのレンチを使っていたそうです。

鍛冶屋さんにより使っているソケットとそれを回すレンチの差込のサイズがバラバラでした。

それを後のスナップオン創業者 ジョセフ・ジョンソンが規格化しました。

その後スナップオンが商品化しました。

それが世界中で使われることになるソケットレンチの始まりです。