ラチェットレンチと空転トルク

ラチェットレンチの空転トルクとはラチェットレンチを戻すときの重さ(トルク)です。空転トルク

例えば空転トルクが重いとボルトを締め付けてハンドルを

戻すときに空回りするはずのラチェットレンチが空回り

せずボルトも一緒に戻ってしまい締めては戻っての繰り返

しで一向に締め付けることができません。

これでは作業性が悪く早回しのラチェットレンチのはず

なのにメガネレンチより時間がかかってしまいます。

つまり空転トルクの軽さがラチェットレンチの性能をわけ作業性と早回しに大きく影響

するのです。

ko-kenのZ-EALというブランドのラチェットレンチはとことん空転トルクの軽さにこだわって

作られています。

信じられないほど軽く使い易いですね。