ブレーキパッド交換はこんなに簡単!DIYがおススメです

ブレーキパッド交換は簡単なのにと感じた、某大手カー用品店にクルマのタイヤ交換にいったときのお話しです。

作業前

マイカーの車検が近づいたためカー用品店に行きタイヤ交換をしていだたきました。
陸運局でユーザー車検を受けるためにすり減ったタイヤを交換しておく必要があったためです。

タイヤ交換の作業が終ると女性のカーメンテナンスアドバイザーが話しかけてきました。
「お客様のおクルマのブレーキパッドがほとんどなく危険な状態です。」
「今日交換しておいたほうがいいですよ。」
とのことでした。

たしかにブレーキパッドはそろそろ替えどきと思っていたので、値段を聞いてみました。

ブレーキパッドがフロント左右で9000円、交換工賃が12000円、合計21000円とのことでした。
試しにカーディーラーで聞いてみたところさらに高い金額でした。

新品

しかし、なんと!

ブレーキパッドをネットで調べたらフロント左右セットで1980円で売られているではありませんか。
しかもブレーキパッドを製造しているしっかりとしたメーカーのものです。

ネットで注文しDIYで交換すれば1/10の費用で済んでしまうのです。

ブレーキパッドの値段を調べる

DIYでのブレーキパッド交換にかかる時間は約30分、むずかしい作業も一切ありません。
ですので、DIYブレーキパッド交換はコストパフォーマンスが高くおススメです。

DIYブレーキパッド交換に必要な工具

ブレーキパッド交換はこんなに簡単!DIYがおススメです

準備する工具

  • 十字レンチ
  • コンビネーションレンチ
  • 車載ジャッキ
  • C型クランプ
  • 作業手袋
  • トルクレンチ

準備工具

新品ブレーキパッド、十字レンチ、コンビネーションレンチ、車載ジャッキ、C型クランプ、作業手袋とできればトルクレンチを用意します。
準備するものはたったこれだけで大丈夫です。

DIYブレーキパッド交換方法

ブレーキパッド交換はこんなに簡単!DIYがおススメです

【作業手順①タイヤ・ホイールを外す】

まずはエンジンルーム内のブレーキフルードの量を確認しておきましょう。
ブレーキパッドが摩耗していればフルード液面がLOWER(下限)に近いところにあるはずです。

タイヤ外し

十字レンチでホイールナットを少しゆるめます。
ジャッキをセットしジャッキアップ。
ホイールナットを完全にゆるめ取り外します。
タイヤ・ホイールを取り外します。

【作業手順②ブレーキキャリパーを開ける】

キャリパー

ブレーキキャリパーの下側のボルトを取り外します。
ブレーキキャリパー上に持ち上げます。

取り外し

キャリパー

【作業手順③ブレーキパッド交換】

ブレーキパッドを取り外します。

新旧部品

左が新品、右が旧品です。

ブレーキキャリパーのシリンダーにC型クランプをセットします。

C型クランプ

C型クランプを締め付け、シリンダーを引っ込めます。

旧品のブレーキパットが摩耗している分、シリンダーが出ている状態になります。
シリンダーを引っ込めておかないと新品ブレーキパットが入らないためです。

新品ブレーキパッドを取り付けます。

新品

ブレーキキャリパーを戻しボルトを締め付けます。

【作業手順④復旧作業】

タイヤ・ホイールを取り付けホイールナットを締め付けます。
ジャッキをおろし完全にホイールナットを締め付けます。

完了

この時、トルクレンチを使うことをおススメします。

トルクレンチを使おう!関連記事はコチラ

【作業手順⑤確認作業】

エンジンルーム内のブレーキフルードの量を確認します。

フルード

UPPER(上限)とLOWER(下限)の間にフルードの液面があればOKです。

ブレーキペダルを30回位踏みます。

【注意事項】
ブレーキパッド交換後、すぐにクルマを走らせると全くブレーキは効きません。
ブレーキキャリパーのシリンダーがブレーキパッドを押していないからです。
ブレーキペダルを30回位踏むことで、シリンダーがブレーキパッドをしっかり押し込みますので必ずやりましょう。

ゆっくりクルマを走らせブレーキが効くことを確認します。
ブレーキがしっかり効けば大丈夫、作業は完了です。

作業時間はフロント左右のブレーキパッド交換で約30分です。
DIYでブレーキパッド交換をする価値は十分ありそうです。

ブレーキパッドの値段を調べる

口コミ投稿
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミ投稿

Average rating:  
 0 reviews