首振りエクステンションバー

エクステンションバーといえば狭いところのボルトを回すために

ソケットを延長してラチェットハンドルに差し込んで使うものですが

首振りエクステンションバーはソケットを15°の角度を付けることができ

ソケットがまっすぐ入らなくてもボルトをしっかりキープできてしまう

優れものです。

しかもko-ken(コーケン)の首振りエクステンションバーはソケットを

普通に差し込むと首振りで使えて、奥までしっかり差し込むと角度のつかない

カッチリとしたエクステンションバーとして使用することができます。

つまり1つで二役できてしまう優れものなのです。

このシステムはko-kenが特許をもっていてます。ko-kenの呼び名は

オフセットエクステンションバーといいます。

neprosやスナップオンも首振りエクステンションバーを販売してますが

neprosではウォブルエクステンションバーといいます。

ユニバーサルジョイントは角度によっては回しづらい時があり

多少の角度つけるには断然首振りエクステンションバーが使い易いですね。