Ko-ken Z-EALラチェットハンドル

Z-EALKo-kenから次世代の自動車産業用のメカニックスタンダード工具として開発されたものがZ-EALです。
ZEALの本来の意味は熱意であります。
Z series-Automotive service Lineup
差込角の二面幅をISOやDIN規格に合わせるとどうしてもガタが出てしまうことから、四角の凹側の
二面幅を凸側に近づけることでガタつきを低減しているそうです。Z-EAL ラチェット

Ko-kenのラチェットハンドルの特徴である空転トルクの軽さにこだわった機構を採用。広く普及している1体型の爪でギアを押し上げる構造で圧倒的な空転トルクを実現しています。軽さが気持ちよく空転時の音が爽快ですね。

ギア数は36枚歯で送り角は10°、小型のヘッドと短め全長が自動車整備用らしいですね。また、ヘッドの厚みと差込角の高さも低く目に抑えています。Z-EALのソケットも背の低さを追求していてソケットの外径も肉薄にするなど、徹底して自動車整備を意識して作られてます。狭いところで威力を発揮することでしょう。ボルトナットの二面幅に対してソケットの二面幅もISOやDIN規格のクリアランスをボルトナット側に近づけガタつきを抑えているのです。

グリップは摩耗性と耐油性を兼ね備えたエラストマー樹脂をハンドルに形成、グリップ抜けや空転
することはありません。機能満載で至れり尽くせりのラチェットハンドルではないでしょうか?
一度使ったら病みつきになる最強のラチェットハンドルです。

コーケン Z-EAL 3/8(9.5mm)SQ. ラチェットハンドル 3725Z