プラスドライバーの規格とは!意外と知らない工具の知識

プラスドライバーにはJIS規格があることをご存知でしょうか?
知っているようで知らないプラスドライバーの規格をしっかりと覚えてネジに合ったドライバーを選んで使いましょう。

Wera

実はプラスドライバーにはJIS規格で決められた4種類のサイズがあります。

No,0  No,1  No,2  No,3

4種類の規格です。

なので、プラスドライバーはネジのサイズによって使い分ける必要があるのです。
ちなみにJIS規格ではプラスドライバーの事を十字ねじ回しといいます。

プラスドライバー No,0 No,1 No,2 No,3
ネジのサイズ 1.4mm~2.6mm 2.0mm~2.6mm 3.0mm~5.0mm 5.1mm~8.0mm

最もよく使われるサイズはNo,2のプラスドライバーで、どの家庭にもひとつくらいはあるのではないでしょうか?
No,2が万能なプラスドライバーではなく、上記表にあるようにネジのサイズに合わせて適切なプラスドライバーを選ぶ必要があります。

とくにNo,1が適合なネジに対しNo,2のプラスドライバーを使ったり、No,3が適合なネジにNo,2をつかうとネジの十字溝がつぶれてしまい、ネジを回せなくなってしまいますので注意が必要です。

またNo,00というサイズもありますがJISの規格ではなく、No,0より小さいサイズとなります。
精密ドライバーにはNo,00が使われています。

プラスドライバーについての解説

プラスドライバーの規格とは!

プラス溝 (+) のあるネジを回すのに使われる。
アメリカのフィリップス・スクリュー社が1933年に J・P・トンプソン (J.P. Thompson) の発明した特許を買い取り発売したことに由来するため、フィリップス型ドライバー (英語: phillips screwdriver) とも呼ばれる。
JIS規格(日本工業規格)では、十字ねじ回しという。
ねじ頭部の溝にドライバーの先端を合わせると自然に回転軸が合うので、作業性に優れる。先端を着磁したものでは、かみ合った状態のまま逆さにしてもねじが落ちないので、より作業性が良くなる。
またマイナスドライバーに比べ大きいねじりモーメントに耐えられる特長があるが、かたく締まったねじを回す際にドライバーの先が浮き上がるので、強く押しつけながら回す必要がある。

正しいドライバーの使い方を知っておこう

プラスドライバーの規格とは!

先ずは正しいドライバーの使い方をマスターしましょう。
工具やドライバーを使い慣れていない人の多くは正しいドライバーの使い方を知りません。
そのためにネジが外れない状況に陥っている可能性があります。
正しいドライバーの使い方が分かっただけで問題は解決できるかもしれません。

その方法とは押し7、回し3の力配分でネジを回すということです。
この力配分にしないで、ただやみくもにドライバーを回してもネジを痛めてしまうだけです。
回す力よりも押し付ける力が大事なのです。

ドライバーの使い方

おすすめプラスドライバーはWera 350SK

プラスドライバーの規格とは!

おすすめのプラスドライバーはWera(ヴェラ)の350SKです。
ドライバーの先端の十字部がレーザーチップ加工されていて、ザラザラしています。
それがネジの十字溝の摩擦抵抗となり、固いネジでも確実に回すことができます。

キャプチャ3

Wera(ヴェラ) 350SK プラスドライバー 2X100 008752

口コミ投稿
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミ投稿

Average rating:  
 0 reviews