タグ別アーカイブ: ANEX

ネジ折れるを解決!ANEX 電気工事用 トルクアダプターATA-M3

トルクアダプタ

ネジを締めすぎてネジが折れてしまったなんてことありませんか?

ANEXの電気工事用 トルクアダプターM3 ATA-M3は設定トルクになるとカチッと音がしてそれ以上トルクをかけても空回りするため、ネジが折れてしまうことがありません。

充電式のドリルドライバーは特にトルクをかけすぎてネジが折れてしまったりすることがありますが、ANEXの電気工事用 トルクアダプターM3 ATA-M3ならそんな心配はいりません。

しっかり正規のトルクで締め付けられますので、数多く締め付けを行うときにはとても役に立ちますね。

電気工事

ANEX 電気工事用 トルクアダプターM3 ATA-M3の詳細

ネジ折れるを解決!ANEX 電気工事用 トルクアダプター

使い方

  • サイズ:全長75mm
  • 推奨ネジサイズ:M3
  • 設定トルク:0.7N・m
  • 取り付け本数:1
  • 使用可能回数:約5,000回

用途

4種類

ANEX 電気工事用 トルクアダプターM3 ATA-M3を使った人の声

ネジ折れるを解決!ANEX 電気工事用 トルクアダプター

★★★★★

使いやすい
トルクをかけた際の「カチカチ」という音はせず、ただ単に空回りする仕組み。



⇒ ANEX 電気工事用 トルクアダプターM3 ATA-M3


アネックス(ANEX) ミニバイス APV-35

APV-35

小さな部品の加工作業や組立作業、分解作業をする時、 片手で部品を抑え片手で作業することが難しい場合があります。

そんなとき、部品が固定できたらいいなあと思ったことはないでしょうか?

アネックスのミニバイスAPV-35は小さな部品をしっかり押さえ作業をしやすくすることができるとても便利な道具です。

アネックス(ANEX) ミニバイス APV-35の詳細

  • サイズ:幅41×奥行35×高さ35mm
  • 最大開口幅:7mm
  • 開口部深さ:19mm
  • キャプチャ1

  • 時計バンドや小物の保持に便利。
  • 模型などの塗装や時計のメタルバンドの調整、アクセサリーの穴あけなど使い方いろいろ。
  • 挟んだものにキズをつけないゴムプレート。丸形状のものも保持できる。
  • 底面はエラストマー素材で滑りにくく安定して作業できる。

キャプチャ3

キャプチャ2

アネックス(ANEX) ミニバイス APV-35を使った人の声

★★★★★

長めのピンも打ち抜けて 台の下に落ちます グリップの力も強く バンドをしっかりと固定出来ます 唯一 小さく軽量のため バンド調整の際に 傾いてしまったり 動いてしまい 特に ピン留めの際 ピン穴同士のセンターが ブレることがあります まあ ゆっくり落ち着いてピン打ちすれば グリップ力が強いので ストンと入ります バンド調整の必需品です。

★★★★★

ハンダ付けでピンヘッダが抜きたくなったときに,と思って購入しました.
ピンヘッダをバイスで挟んだ状態でピンヘッダを加熱すれば基板から楽に抜ける…という想定です.
ピンヘッダは2.54mmピッチのものを使っているのでピンヘッダを抜く際には問題ないのですがやっぱり開口サイズ最大7mmはちょっと小さかったかな,と思います.
重量感もあまりないので安定性はそんなによくありません.
机に固定する方法も特に用意はされていません.
やっぱり時計のバンド交換作業等にはちょうど良いのですがちょっと高かったかな,と思ってしまいます.



⇒ アネックス(ANEX) ミニバイス35 APV-35


「ネジ固い」と思ったときに役に立つインパクトドライバー

「ネジが固い」と思ったら貫通ドライバーを使い、ハンマーで叩いて回すとスンナリと固いネジが緩むことがあります。貫通ドライバーとはドライバーのシャフトがグリップエンドまで貫通していてグリップエンドをハンマーで叩くための工具です。このように固いネジには衝撃を与えることが大切です。衝撃+回転が固いネジを緩めるコツなのです。この理にかなった工具が衝撃と回転を同時に行うことができるインパクトドライバーなのです。インパクトドライバーは衝撃が加わった瞬間にシャフトが回転する構造となっています。

インパクト

ANEXのミニインパクトドライバーならハンマーで叩いた衝撃でネジが緩め方向に45°回転します。

インパクト1

ANEXミニインパクトドライバーNo,1903の使い方

「ネジ固い」と思ったときに役に立つインパクトドライバー

打撃で回す、強力トルク
グリップ後端部の座金をハンマーで叩くと先端が回るミニインパクトドライバー。バネ+カム構造により叩いた力が回転の力へ変換され最大45°回転する。先端は内部構造のバネの力で回転後瞬時に元に戻る。6.35mm六角軸片頭ビットに対応。

固くなったネジ回しに
高トルクなので固いネジを外すときや、強力な締め付けが必要なときに便利。なめたネジ、サビたネジ、固着したネジなどの取り外しなどにも。

ミニインパクト

セット内容:ミニインパクトドライバー、ビットホルダー、ビット(+2×30)
本体全長:123mm
本体重量:240g


ANEX ミニインパクトドライバーNo,1903はコチラ


「ネジがなめた」とお困りではありませんか?

ネジがなめてしまってお困りではありませんか?

ネジがなめてしまうとドライバーで外そうと思ってもドライバーが滑ってしまい回すことができません。

ネジがなめて溝がこわれてしまっているので、無理はありません。

そのためドライバーが溝にかからずに逃げてしまうのです。

これではなめたネジを外すことはできません。

つぶれたビス

しかし、このままほおっておくわけにはいきませんよね。

なんとかして外す方法を見つけなければなりません。

どうすれば外すことが出来るかをお伝えしていきましょう。

その前にドライバーの正しい使い方をご存知ですか?

ドライバーの正しい使い方は「押し7、回し3」の力配分にすることです。

回しの力が強すぎるとネジはなめてしまいます。

押す力を強くすることでドライバーが食いつき、まわすことができる可能性があるので試してみてください。

ドライバーの背中をハンマーで叩きながら回すことも効果的ですので試してみましょう。

無理して外そうとして状況はさらに悪化していませんか?

プラスドライバーの十字溝が完全につぶれるとドライバーで外すことは難しくなります。

と言うより、むしろドライバーを使うことができなくなります。さて困った、どうしよう。

このような時はロッキングプライヤーでビスのアタマをしっかり固定して回転させればなめたネジをゆるめることができる可能性はあります。

ビスのアタマにロッキングプライヤーがかかるかどうか、というように作業環境にも影響されます。

ロッキングプライヤ

ネジのアタマがスベってつかむめないことはありませんか?

サビたものやメッキの付いたものの場合、ロッキングプライヤーがスベってしまい、しっかり固定できない場合もあります。

そんな時にはビスに穴を開けるしかありません。

ビスより細い直径のドリルで穴を開けて、その穴に逆タップという工具を差し込みビスに食い込ませます。

そして、逆タップをビスを緩める方向に回すとビスごと外すことができます。

しかし、ビスの中心にドリルで穴開けしたりと、素人ではなかなか難しい作業が必要です。

道具もそれなりに必要になりますし、時間もかかります。

そんな悩みを解決できる工具が実は存在するのです。難しい作業を素早くプロ並みにこなすことができる工具。

それはANEXのなめたネジはずしビットです。

この工具を初めて知った時の感動は今でも忘れられません。

今までの苦労はなんだったんだという気持ちと、こんなに楽に作業ができたという感激。

しかも一つの工具で2役こなすスグレものをご紹介せずにはいられませんね。

なめたネジはずしビットでお悩み解決!

2本セット
そんな悩みを解決するのが『ANEXのなめたネジはずしビット』です。

これを使えば簡単につぶれたネジを取ることができるのです。

もう、無駄な時間を費やすこともありません。それと同時に大変な思いをして作業することもなくなりますよね。

ネジはずしビットを使えば作業がスムーズに進む上、時間や手間はかかりません。もう悩むことも苦労することもないのです。

なめたネジはずしビットの使い方!

M4~M5用


なめたネジはずしビットの先端の片側はドリル(キリ)になっており、反対側は逆ネジになっています。まずはドリル側を充電インパクトドライバーにセットします。

※注 充電インパクトドライバー又はビットが装着出来る電動ドリルが別途必要です。

工程1
①つぶれたネジにドリルで3~5mm程度の穴を開けます。

正回転(右回転)でネジの頭に垂直に穴を開ける。

深さは3~5mm程度でOK。

②ビットを反対側のネジ部に付け替えます。

③ねじ部を下穴にしっかり食いつかせる。

④逆回転(左回転)で上から押しながらインパクトドライバーを

回すと外れました。
工程2

簡単ですね。

外れたネジになめたネジはずしビットがくいついてしまったときは付属のスパナを使います。

ステンレスのネジには付属の専用のオイルを塗ることで対応可能です。

短時間で簡単に外すことができました。無駄な時間や労力がウソのようです。

もっと早く知りたかったという声が聞こえてきそうです。

こんな悩みを解決してくれる優れもの工具が『ANEXのなめたネジはずしビット』なのです。


ANEX なめたネジはずしビットの動画解説

なめたネジはずしビットは3サイズに対応

内容詳細
①M2.5~M3用(+No,1に相当)

②M4~M5用(+No,2に相当)

②M6~M8用(+No,3に相当)

なめたネジはずしビット2本組 メーカー品番 ANH2-065
M2.5~3対応ビット M4~5対応ビット

なめたネジはずしビット2本組 メーカー品番 ANH2-066
M2.5~3対応ビット M4~5対応ビット
ステンレス加工用オイル付き

なめたネジはずしビット3本組ステンレス対応 メーカー品番 ANH2-3
M2.5~3対応ビット M4~5対応ビット M6~8対応ビット
ステンレス加工用オイル付き

この工具さえあればネジがなめることは全く怖くありませんが、ネジがなめてもいいかというと、やはり、なめないように常に心がけ、工具を選ぶことが必要であると思います。


工具のお悩み相談はコチラ

これでも解決出来なかったという方は「工具のお悩み相談」フォームから状況をお知らせいただけますか?

工具のお悩みを解決しましょう。

ご相談をお待ちしております。

工具のお悩み相談フォームはコチラ