マグネタイザーで手持ちの工具の磁力を自由に操ろう!

マグネタイザーをご存知ですか?

マグネタイザーはドライバーやヘックスレンチ(六角レンチ)などを磁化させたり、磁力をとったりすることのできる工具です。

ドライバーには磁力が付いているものが多いですが、磁力が付いていないドライバーでも磁力を付けることができます。

mag

磁力を外したい時はどんな場合かと言うと、ドライバーの先端に鉄粉や砂鉄がついてしまった時ですね。磁力を外せば鉄粉が落ちます。

マグネタイザーの効果

マグネタイザーの効果

ドライバーと違ってヘックスレンチには磁力が付いているものは少なく、ヘックスレンチで六角穴付ボルトを取りつけようとすると、ヘックスレンチの先から六角穴付ボルトが外れ落としてしまうなんてことがよくあります。

特にボールポイントのヘックスレンチはボルトが落ちやすく、なんとかないかなあと思っている人も多いのではないでしょうか?

それを解消してくれるのがマグネタイザーです。磁力があればボルトが落なくなりますよね。

軽いネジを吸い付けるドライバーより、多少重い六角穴付きボルトを吸い付けてくれるヘックスレンチの方がマグネタイザーを使う価値と効果は大きいのです。

mag2

マグネタイザーの使い方

マグネタイザーの使い方

マグネタイザーのプラスと書かれている部分に工具を往復させると磁力が付きます。

またマイナスとかかれている部分に往復させると磁力は解除されます。

必要に応じて、磁力を自由に付けたり外したりすることができるのです。

日本の工具メーカーのドライバーは初めから磁力がついているものが多いと思いますが、ヨーロッパの工具メーカーのドライバーには一切磁力が付いていません。

なぜだか分かりますか?

初めから磁力を組み込むと強度的に問題があること、もう一つは鉄粉を引き寄せてしまいネジとドライバーのかみ合いが悪くなってしまうからですという理由です。

なのでヨーロッパの工具販売店ではドライバーとマグネタイザーはセットのように販売されているのです。

またマグネタイザーで付けた磁力は最初からドライバーについている磁力より強いのでネジやボルトを吸い付けやすく、使い勝手もいいのです。

マグネタイザーをひとつ持っておけばいつでも使えますのでとても便利ですね。

SK11マグネタイザー!使った人の声

SK11マグネタイザーAmazonカスタマーレビュー

家にある精密ドライバーが磁気付きではなくて使いづらいと思い、磁気付きドライバーを探している時に見つけました。
こんな物で普通のドライバーが磁気付きドライバーに変身してくれるのかな?と半信半疑でしたが値段が安かったので
騙されたと思って購入してみました。
しかし、使ってみてびっくり、驚き、WOW、オーマイガー、グレートです。
家にある全てのドライバーが、磁気付きドライバーに大変身!おかげで狭いところの作業がとても捗るようになりました。
ただ、放っておくと磁気が弱くなるので、使う前にまた着磁しなければなりませんが、着磁の方の穴に入れて3,4回こするだけで
またマグネットドライバーに早変わり、とても簡単です。
脱磁の方は、注意事項として、「簡易具の為、完全に脱磁できない場合があります。磁気による悪影響を与える場所では使用しないで下さい。」とありますので、お気お付け下さい。

KTC 樹脂柄ドライバーの磁気がなくなり、購入
強力すぎるくらい復活しました。

まあ、とにかく使いやすい
磁力の強さもちょうど良い強さで価格も安価で磁化と脱磁を間違えないように脱磁する方の穴の形を少し
変えて間違えないようにしてある。

狭い所でネジ締めの作業する際に重宝してます。
1回着磁すれば、当分問題無く作業できます。
弱く感じたら、また着磁すればいいですしね。
価格も安いので、おすすめです。



SK11マグネタイザーはコチラ


口コミ投稿
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミ投稿

工具屋エボジャパン・ハンドツール専門店
Average rating:  
 0 reviews