オフセットエクステンションバーを使ってみた結果

オフセットエクステンションバーでチョツトした作業がラクになります。

オフセットエクステンションバーとはソケットレンチ、ラチェットハンドルと組み合わせて使い、通常のエクステンションバーと首振りエクステンションバーの両方が使える優れもの工具です。

オフセット1

ボルトに対し真っすぐのステーションバーでは微妙にソケットレンチがボルトに入らないなんてことがあります。

仕方なくスパナに持ち変えて斜めにかけて使うこともありますよね。

そんな時、ソケットの首が少しだけ振りれたらなあ、なんて思いますよね。

オフセット2

オフセットエクステンションバーでラクにボルトにアクセス

オフセットエクステンションバーでラクにボルトにアクセス

オフセットエクステンションバーを使えば解決することができます。

オフセットエクステンションバーはソケットレンチをしっかり奥まで差し込むとまっすぐなエクステンションバーになり、挿し込みを手前にすると首振りエクステンションバーとなります。

上図のオフセットヘッドを見ると奥に1mm程度の段差があるのが分かると思いますが、そこまで差し込むとストレート、手前が首振りとなります。

首振りは15°なのでストレートなエクステンションバーでは入らなかったボルトにも差し込むことができます。

Ko-ken オフセットエクステンションバー3763

Ko-ken オフセットエクステンションバー3763

オフセット3

状況に応じて使い分けることができるので、とても便利ですね。


Ko-ken オフセットエクステンションバー 全長50mm 3763-50


口コミ投稿
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミ投稿

工具屋エボジャパン・ハンドツール専門店
Average rating:  
 0 reviews