カテゴリー別アーカイブ: KNIPEX

KNIPEX スーパーニッパー 125mm リードキャッチャー付 7813125

スーパーニッパー

精密で細かな配線の作業に最適なKNIPEXのスーパーニッパー。

切れ味抜群のため、切断面がキレイに仕上がります。

繰り返しの作業に便利なオープンスプリングと、先端が一定の間隔以上開くのを防ぐストッパー付きです。

針金

KNIPEX スーパーニッパー 125mm リードキャッチャー付 7813125の詳細

おすすめ小型ニッパーのご紹介

極めて精密なエレクトロニクス関連、精密機器関連の切断作業に最適な高精度のニッパーです。
刃はまっすぐで切断面がフラットに仕上がります。
先端は精密に仕上げられており、密集したワイヤも直径0.2mm以上あれば切断することができます。
ジョイント部はステンレス製のリベットで接合されています。
小さな力でも大変スムーズに可動します。
繰り返しの作業に便利なオープンスプリングと、先端が一定の間隔以上開くのを防ぐストッパー付き。

配線

  • 切断能力(mm)硬線:1.0
  • 切断能力(mm)軟線:1.6
  • 全長(mm):125
  • 切断能力(mm)中硬線:0.2~1.6
  • 口先の長さ(mm):9
  • ジョイント部の幅(mm):13.5
  • ジョイント部の厚さ(mm):7.5
  • ばね付
  • 切断片を保持するワイヤークランプ付
  • リードキャッチャー有

細い針金

KNIPEX スーパーニッパー 125mm リードキャッチャー付 7813125を使った人の声

おすすめ小型ニッパーのご紹介

★★★★★

非常に優秀です。
20Gのカンタルワイヤーですらさっくりときれます。
多少刃先でも問題なしです。
今までたくさん使ってきましたが、これは刃こぼれなどもなく非常に長く使えそうです。


⇒ KNIPEX スーパーニッパー 125mm リードキャッチャー付 7813125



ボルトを簡単に切断できるKNIPEX ボルトカッター

7122-200

サビついたボルトナットやネジ山がダメになったボルトナットを切断したい時、グラインダーやセーバーソーのような電動工具を準備するのは面倒くさいです。

切断したが多い場合は電動工具を使用することがいいのでしょうが、1本のボルトナットの切断では簡単に済ませたいところです。

それを解決できる工具がボルトカッターです。

キャプチャ1

今回はKNIPEX 200mm ミニクリッパー(ベント型) 7122-200をご紹介します。

直径5.2mmまでのボルトなら簡単に切断することができます。

KNIPEX 200mm ミニクリッパー(ベント型) 7122-200の詳細

ボルトを簡単に切断できるKNIPEX ボルトカッター
  • 軟線・硬線・ピアノ線を精密に切断することができます。直径5.2mmまでのボルト・釘・リベット等を切断することができます。てこの原理を最大限利用した新型機構により他の追随を許さない切断能力を発揮します。入念な焼入れ処理が施された刃の硬度は約HRC64です。鍛造ボディーにより大変頑丈です。
  • 全長(mm):200
  • 切断能力(mm)硬線:φ4切断能力(mm)ピアノ線:φ3.6切断能力(mm)中硬線:φ5.2切断能力(mm)軟線:φ6質量(kg):0.375
  • コンフォートハンドルばね付
  • オイル焼き入れ焼き戻し処理済みバナジウム電気鋼

キャプチャ2

KNIPEX 200mm ミニクリッパー(ベント型) 7122-200を使った人の声

ボルトを簡単に切断できるKNIPEX ボルトカッター

★★★★★

2本に束ねたステンレスの針金もゴムを切るように簡単に切れました。
できれば刃部以外はメッキのが欲しかったけど製品として存在しなかったのでこれにしました。
今のところもっとゴツい物を切る予定はありませんが、そうなったら大きいボルトカッターもKNIPEXを買います。

追記:M5のステンレスのボルトを短くしたくて、慎重に少しずつ10回に分けて切ってみたら切れました。
ルーペで刃こぼれを確認しましたが平気でした。
凄い製品です。

★★★★★

良かった点
・ハンドクリッパーにして、3mmのネジをスパスパ切れる
・手軽、コンパクト
悪かった点
・あくまでも小ネジ用
・価格が高い
総評
小ネジを多く扱う人はあると非常に便利。
使わない人は使わないかも。

★★★★★

届いて最初の作業はステンレスワイヤー2ミリの切断でした。この工具はワイヤーロープ切断の専用工具ではないのですが、根元の部分で切断すると切り口がバラけることなく切断できました。見た目は厚めの鋼材でできていてコンパクトながら堅牢な感じがします。

キャプチャ3


KNIPEX 200mm ミニクリッパー(ベント型) 7122200


プライヤーすべるを解決!KNIPEX コブラ エキストラスリム

コブラ

プライヤーを使う時ってどんな作業や場面があるでしょうか?

多くはパイプなどの丸いものや形が複雑な部品でモンキーレンチやスパナがかからないものをつかむときに使いますよね。

しかしパイプや部品が滑ってしまい、うまく作業できないことがあります。

そんな時はプライヤーに原因があるのではないかと考えることも大切です。

KNIPEXのプライヤーコブラのつかむ力は半端ではありません。

その理由はプライヤーの形状にあります。

KNIPEXのプライヤーコブラは、くわえ部がひし形になっています。

コブラ6

このひし形こそが丸いものをつかむためのとても重要な秘密なのです。

ひし形の形状にすることにより4点で接触しガッチリとグリップすることができるのです。

ですのでKNIPEXのプライヤーコブラは滑ることがないのです。

ガッチリかみついたら、はなさない。

コブラと名乗るだけあってその名に恥じない工具ですね。

キャプチャ3

KNIPEX コブラ エキストラスリム8751-250の詳細

プライヤーすべるを解決!KNIPEX コブラ エキストラスリム
  • ヘッド部やジョイント部がスリムにデザインされており、狭い場所での作業に最適です。
  • 工場設備や自動車関連のメンテナンス作業に。
  • プッシュボタンを押すだけで開口を調整できる。
  • 口先が長いため、フラットな対象物も安定してつかむことができます。
  • 少ない力でパイプやナットを確実につかみます。
  • 入念な焼入れ処理が施されたつかみ面の硬度は約HRC61で、耐磨耗性が高く、確実なグリップを発揮します。
  • てこの原理を最大限発揮するデザインで高いグリップ力を発揮します。
  • 口幅を最大に調節して握っても、ハンドルの間にクリアランスを確保する指詰めストッパー付き。
  • 材質はオイル焼き入れ焼き戻し処理済みのクロームバナジウム電気鋼。
  • ヘッド:磨き
  • ハンドル:プラスチックコーティング(滑り防止仕上げ)
  • 能力:パイプ径1.1/4Inch、ナットサイズ42mm(対辺)
  • 重量:325g

キャプチャ1

KNIPEX コブラ エキストラスリム8751-250を使った人の声

プライヤーすべるを解決!KNIPEX コブラ エキストラスリム

★★★★★

ボタンひとつですばやく調節できる口幅は普通のパイプレンチのねじをくるくる回す手間がなくなり楽。
また開け閉めしてもその開口幅をキープできる。
普通のパイプレンチよりスリムで軽量。
歯の角度が絶妙で力をいれずともパイプに食いつく。

グラインダーで切断刃を使用したときフランジがきつく締まり付属の工具では取れなくなることがあるが
コレがあれば一発で緩めることができる。
ボルトの供回りなどで使用することができるし、ボルトを締めることもできる(ボルトに傷はつくが)
私の腰袋にはコレが2本入っている。
この工具は構造がシンプルだから購入したら何年も持つ。
なくしたりして新たに購入するがそのたびに微妙に進化しているのがまたいい。
(ラッチの大きさがちさくなり細かに調節ができるようになったり)
いいものはいい。
次も買う。

★★★★★

でかいコブラも愛用してますが、取り回しのいいサイズが欲しくなったので購入。
でかいものをそのままスリムにした感じなので調子のいい使い分けができてます。
車整備でも日曜大工や水回り工事でも無くてはならない工具になりそうです。



クニペックス KNIPEX 8751-250 コブラエクストラスリム


KNIPEX(クニペックス)ミニプライヤーレンチ8605-150

プライヤーレンチって知ってますか?

8605-150

ものをつかんだり挟んだりするプライヤーとボルト・ナットを回すレンチがいっしょになったもの?

確かにそういう工具ですが、それだけではありません。

ボルト・ナットをガッチリつかんで確実に回すことができる工具なのです。

ボルト・ナットのサイズに合わせてしっかり固定ができるためボルト・ナットがナメることはありません。

キャプチャ1

プライヤーレンチはモンキーレンチやメガネレンチ、スパナレンチよりもボルト・ナットを回すことに対し、しっかりつかむことができるため、とても理にかなった画期的な工具なのです。

てこの原理でハンドルに加えた10倍の力をアゴに加えることができるので、スパナのようにすべることがないのです。

また、プライヤーやペンチのようにつかみ面にギザギザがなくフラットになっているので、水道パイプのナットなどの傷付けたくないところにも使えます。

キャプチャ2

クニペックス KNIPEX 8605-150 プライヤーレンチ (SB)

KNIPEX(クニペックス)ミニプライヤーレンチ8605-150の詳細

キャプチャ

  • 全長(mm):150
  • 調節段数:14
  • 開口部:27mm
  • 質量(g):193
  • つかむ・締める・曲げる作業に
  • つかみ面はフラットですので、対象物に傷をつけません。
  • プライヤーを握ることにより、あそび(ガタ)は無くなりますので、軟らかいナット等のカドにダメージを与えません。
  • プッシュボタンにより素早く簡単にアゴの幅を細かく調節できます。
  • プライヤーレンチ一本あれば、多くのサイズのレンチを持つ必要はありません。
  • つかみ面は常に平行に可動し、ミリ・インチを問わず使用できます。
  • 特殊なヘッドアクションによりラチェットハンドルのように操作でき、ナットの締め緩めを素早く行うことができます。
  • 平行なジョーの遊びによって、最大の開口幅の全範囲を無段階に掴めます。
  • てこの原理を最大限発揮するデザインで、ハンドルに加えた10倍の力がアゴに加わります。
  • 鍛造により大変頑丈です。
  • 材質はオイル焼き入れ焼き戻し処理済みのクロームバナジウム鋼。

キャプチャ4

クニペックス KNIPEX 8605-150 プライヤーレンチ (SB)

関連記事


ボルトがナメそうなときに役に立つプライヤーレンチ

クニペックス ミニコブラ+プライヤーレンチセット

ボルトがナメそうなときに役に立つプライヤーレンチ

スパナやメガネレンチ、ラチェットレンチでボルトを外そうとしたときにボルトがナメて外せなくなってしまうことがあります。

しかし、ボルトがナメてしまう前に何とかしたいものですね。

KNIPEX 8605-250

そんな時にとても役に立つ工具がプライヤーレンチです。

プライヤーレンチとは一体どんなレンチなのでしょうか?

プライヤーレンチは力を掛けてボルトを挟み込む構造となっている為、ボルトにピタリと密着してガタが出ないのです。

8605-1

それに加え「テコの原理」を利用しているので握る力の10倍もの力を先端に加える事が出来るのです。
そのため、六角ボルトの角がナメる心配が全くないのです。

むしろ、スパナやモンキーレンチを使うよりも、しっかりつかむことができて、理にかなった工具なのです。

プライヤーレンチの過去記事はコチラ

ボルトがナメそうと思ったらプライヤーレンチを使ってみましょう。

クニペックス KNIPEX 8605-250 プライヤーレンチ

KNIPEX(クニペックス) プライヤーレンチ8605-250動画

ボルトがナメそうなときに役に立つプライヤーレンチ


knipex tools公式You tubeより

KNIPEX(クニペックス) プライヤーレンチ8605-250詳細

ボルトがナメそうなときに役に立つプライヤーレンチ
●つかむ・締める・曲げる作業に。
●つかみ面はフラットですので、対象物に傷をつけません。
●プライヤーを握ることにより、あそび(ガタ)は無くなりますので、軟らかいナット等のカドにダメージを与えません。
●プッシュボタンにより素早く簡単にアゴの幅を細かく調節できます。
●アゴの開き調節はプッシュボタンにて行うため、作業中は不意に口幅が変わらないので安心です。
●プライヤーレンチ一本あれば、多くのサイズのレンチを持つ必要はありません。
●つかみ面は常に平行に可動し、ミリ・インチを問わず使用できます。
●特殊なヘッドアクションによりラチェットハンドルのように操作でき、ナットの締め緩めを素早く行うことができます。
●てこの原理を最大限発揮するデザインで、ハンドルに加えた10倍の力がアゴに加わります。
●タイルをはがす作業にも使用できます。
●ヘッド:ニッケルメッキ
●ハンドル:コンフォート
●重量:570g


クニペックス KNIPEX 8605-250 プライヤーレンチ

KNIPEX(クニペックス) プライヤーレンチ8605-250を使ったひとの声

ボルトがナメそうなときに役に立つプライヤーレンチ

★★★★★
以前より180mmを愛用しています。
出先でもガレージでも、使用頻度が非常に高いです。
今回ガレージ専用にこちらの250mmを買い足しました。
スパナがほぼ不要となります。

★★★★★
雑誌で絶賛されていたので購入してみました。
評判通りとても良いものだと思います。バイクの整備もこれがあると安心です。

★★★★★
握りモノメーカーとしては世界一とも言われる同社。
握りモノ、言いかえれば人の握力を効率的に先端に伝えることのできる工具であり、このノウハウはさすがの一言です。


クニペックス KNIPEX 8605-250 プライヤーレンチ


精密機器におすすめのニッパー!KNIPEX 7861-125

精密な機器の細かい作業におすすめのニッパーをご紹介します。

スーパーニッパー

電子基板などの精密機器の部品の取り外しや加工では切りやすくて、切れ味のいいニッパーが必要とされます。

キャプチャ

そんな時にとても役立つニッパーがクニペックスのスーパーニッパー7861-125です。

KNIPEX

クニペックス KNIPEX 7861-125 スーパーニッパー (SB)

クニペックス KNIPEX スーパーニッパーの詳細

電子工作におすすめのKNIPEX スーパーニッパー

●極めて精密なエレクトロニクス関連、精密機器関連の切断作業に最適な高精度のニッパー。
●刃はまっすぐで切断面がフラットに仕上がります
●先端は精密に仕上げられており、密集したワイヤーも直径0.2mm以上あれば切断することができます。
●ジョイント部はステンレス製のリベットで接合されています。
●小さな力でも大変スムーズに可動します。
●繰り返しの作業に便利なオープンスプリングと、先端が一定の間隔以上開くのを防ぐストッパー付き。
●入念な焼き入れ処理が施された刃の硬度は約HRC64。
●ヘッド仕上げ:磨き
●ハンドル仕様:コンフォート
●切断面はフラット
●切断能力(軟線;φmm):0.2-1.6
●切断能力(中硬線;φmm):1.2
●長さ(mm):125
●口先の長さ(mm):9
●ジョイント部の巾(mm):13.5
●ジョイント部の厚さ(mm):7.5
●質量(g):45
※コンフォートハンドル(本品)は絶縁ではありません。

クニペックス KNIPEX スーパーニッパーを使ったひとの声

電子工作におすすめのKNIPEX スーパーニッパー

★★★★★

電子工作をやっていると必ず使う道具の一つがニッパーです。こいつの出来(使い心地?)で出来上がりの良し悪しが決まるといっても過言ではありません。日本製ならフジヤもいいですが道具は使いドコロが決まっていますのでフジヤ最強っていうとこもありますが最近の細かい造作ではやっぱりクニペックスは期待通りの仕事をしてくれます。これも何個か持っていますがいろいろな種類が選べるのもクニペックスのいいところだと思います。

★★★★★

通常のニッパではできない細かなカットに使用しています。
切れ味抜群です。

★★★★★

まっ、安定のクニペックスだし当然といえば当然なんだがいいね。


クニペックス KNIPEX 7861-125 スーパーニッパー (SB)

クニペックス ミニコブラ+プライヤーレンチセット

クニペックス(KNIPEX)ウォーターポンププライヤーのミニコブラは名前の通り、ヘビのコブラが由来です。一度つかんだら離さない強力なウォーターポンププライヤーです。丸い棒やパイプをウォータポンププライヤーで掴んで力いっぱい握っても滑ってしまいますが、クニペックスのミニコブラなら強く握らなくてもガッチリ掴めて滑ることはありません。

knipex4

その秘密はウォーターポンププライヤーの先端の掴む個所が平行四辺形になっているところにあります。平行四辺形になっていることで丸物を4点で掴むことができる為にしっかり食いつき滑ることが全くないのです。

プライヤーレンチはウォーターポンププライヤーと違い、モンキーレンチにつかむ機能を兼ね備えたものでボルトしっかりと食いつきボルトをなめさせてしまうことはありません。

プライヤーレンチの詳細はコチラ

クニペックス ミニコブラ+プライヤーレンチセット 002072V01の詳細

●ミニサイズのウォーターポンププライヤー“コブラ”とプライヤーレンチのセット
●専用ナイロンポーチ付き
●ポーチ寸法(mm):W70xH170xD50
●セット内容:ミニコブラ(8701-125)、ミニプライヤーレンチ(8603-150)、専用ポーチ

knipex5

クニペックス KNIPEX 002072V01 ミニコブラ + プライヤーレンチセットはコチラ

クニペックス ミニコブラ+プライヤーレンチセット 002072V01を使った人の声

★★★★★

めっちゃ小さいのにすごいパワーですw
そしてものすごい堅牢なつくりです!
コブラは小さすぎるかもw
でも握りの強さはでかいウォータープライヤーよりもがっしり固定できます
ためしにドライバーを挟んで動かしてみましたが、普通のやつはずるずる動きますが
コブラはちっさいのにびくともしません!
びっくりしました。
レンチのほうもいったん固定してしまえば片方に手を添えてぶら下がるように回せるのですごいです。
個人的には両方ともパイプを補助としてつっこんで大型的に使おうと思ってますw
それにしてもコブラ小さすぎwwww

★★★★★

セットになっていて、ベルトケースに収納されている点が買いでした。
小間物の工作をよくするのですが、そこそこ力を加えたい加工があるときに
重宝しております、これまでに無かった作業効率を上げる工具に大満足です。

★★★★★

これより大きい KNIPEX の プライヤーレンチとコブラを持っているのですが
小さいのがセットであったのでつい買ってしまいまいた。
携帯用として利用しています。
小さいながらも構造は同じなので強度面でも心配は少ないです。
しかし実際の作業ではやや小さいので、出番はかなり少ないです。
細かいものを主につかむ場合は便利だと思います。



クニペックス KNIPEX 002072V01 ミニコブラ + プライヤーレンチセットはコチラ


スナップリング外しずらいを解決!KNIPEX軸用 4611A2

スナップリングは大きく分けて2種類あります。シャフトの外径に付けられていて、広げて取り付け、又は取り外すものを軸用といいます。もう一種類は内径に付けられていて縮めて取り外すものを穴用といいます。特に広げて外す場合にはスナップリングが外れなくて苦労したことはないでしょうか?細いマイナスドライバーを2つ使えばなんとか外すことはできまさが、勢い余ってスナップリングが飛んで行ってしまうこともあります。運悪く目に当たればケガをする事も考えられます。スナップリングを上手に外すいい方法はないものでしょうか?

SR

スナップリングが外れない理由の多くはスナップリングプライヤーが滑ってしまうことにあります。スナップリングにはスナップリングプライヤーを差し込むための穴が開いています。その穴とスナップリングプライヤーがフィットしていないから滑ってしまって上手くスナップリングを広げることが出来ないことが原因です。ということはスナップリングにフィットするスナップリングプライヤーを使えばいいということになりますよね。

srp1
srp

しっかりフィットし使いやすいスナップリングプライヤーでオススメはKNIPEX(クニペックス) の軸用スナップリングプライヤーです。 KNIPEXのスナップリングプライヤーは、ハードユーザーからも高い支持を受けています。特徴は先端にあります。既存のプライヤーは、本体から先端にかけて一体式の製品が多く、熱間鍛造で仕上げる物が多いですが、KNIPEXは、本体は熱間、先端は冷間と鍛造方式を変えています。

もう一つ優れた点として、作業中、プライヤーからリング外れてしまうことが少なくが飛びずらいという特徴があります。先端でのスナップリングの据わりがいい為に、スナップリングがねじれずに取り外し、又は取り付けがしやすくなっているのです。KNIPEXのスナップリングプライヤーなら安心して作業できますね。

srp1


KNIPEX軸用スナップリングプライヤー 4611A2
はコチラ


バイスプライヤーでつぶれたネジ回らないを解決しよう

バイスプライヤーで十字溝のつぶれたネジや、ナベネジを外すことができます。丸いナベネジをエンジニアのネジザウルスで外そうとすると滑ってしまい、うまく掴むことができません。 その他のプライヤーやペンチでも同じ事です。ネジのアタマが丸くなっているので仕方ありません。
ロッキングプライヤ

しかし、バイスプライヤーなら、しっかりネジのアタマをつかむことができるので簡単にネジを回すことができるのです。 何故、バイスプライヤーがネジのアタマをしっかり掴むことができるのかというと ロック機構が付いているからです。ネジのサイズに合わせて調整し ロックをかけることにより ガッチリネジに食い付き 確実にネジのアタマをつかむことができるのです。

バイスプライヤーはメーカーによっては ロッキングプライヤーと呼ばれていたりもします。 文字通りロックできるプライヤーということですよね。 バイスプライヤーは元々物と物とを固定するために作られた工具です 例えば 鉄板と鉄板をバイスプライヤーで固定し 穴あけをおこなったり 溶接作業を行うなどのような使い方をします。バイスプライヤーは物を固定する力が強力な上に その特性を生かし、つぶれたネジを外すということもできる工具なのです。

KNIPEX グリッププライヤー4104-180

バイスプライヤーでつぶれたネジ回らないを解決しよう

knipex19

●板やパイプを確実につかむことができます。
●大変頑丈に作られています。
●アゴの開きを調節するスクリューとリリースレバー付き。
●片手での作業が可能です。
●てこの原理の応用により、大きなクランプ力を発揮します。
●ボディー材質は強力特殊鋼
●アゴの材質は鍛造クロームバナジウム
●パイプのクランプに。
●ヘッド仕上げ:ニッケルクロームメッキ
●ハンドル仕様:ニッケルクロームメッキ
●能力(mm)(丸):30
●能力(mm)(四角):20
●能力(mm)(六角):30
●長さ(mm):180
●質量(g):363

KNIPEX グリッププライヤー4104-180はコチラ

KTC ロッキングプライヤーロングノーズ 150LN

バイスプライヤーでつぶれたネジ回らないを解決しよう

KTC

●狭所作業に便利なロングノーズタイプ
●小ねじやボルト・ナットをつかんで回すことができる
●ワイヤーカッターとして使用できる
●長さ(mm):150
●質量(g):191
●最大締付幅:51mm


KTC ロッキングプライヤーロングノーズ 150LNはコチラ


プライヤーレンチでガッチリ掴んでしっかり回そう

プライヤーレンチはモンキーレンチの弱点をカバーできる便利な工具です。モンキーレンチはボルトや配管のユニオンナットを回す作業をするとき、ボルトや配管に合わせてアジャスターを調整して使います。しかし、しっかり掴んでいるようで実はガタがあるためにボルトの角を痛めてしまうことってありますよね。

knipex16

そのガタの分、モンキーレンチでは下図のように六角ボルトの角に力が掛かってしまいます。結果として六角の角がなめることがあります。

knipex11

しかし、プライヤーレンチでは掴み面が平行に動く上に、力を掛けて挟み込む構造となっている為、下図のようにボルトにピタリと密着してガタが出ないのです。ワンプッシュで開き幅を調整することも可能です。六角の角がなめる心配も大幅に減りますね。それに加え「テコの原理」を利用しているので握る力の10倍もの力を先端に加える事が出来るのです。

knipex12

また、プライヤーレンチはプライヤーのように掴み面にギザギザがなく、モンキーレンチのように平面になっている為、掴む相手を傷つけることもありません。

knipex13

モンキーレンチのようにボルトから抜き差しして掛け替えることもなく、握って開いての繰り返しでボルトを早回しをする事もできます。プライヤーレンチはモンキーレンチを使うより使い勝手がよく、ガッチリ掴めるので今後はモンキーレンチ以上に重宝される工具になるかもしれません。

knipex14

KNIPEXプライヤーレンチメーカー動画

プライヤーレンチでガッチリ掴んでしっかり回そう

KNIPEXプライヤーレンチ8603-250を使った人の声

プライヤーレンチAmazonカスタマーレビュー

職業建築業
購入後初めて1輪車の車輪交換作業に使ってみたが、商品説明通り確かに優れものツールだ。
僅かな握力でナットをガッチリ掴み、そのまま締め付けていっても空回りすることはまずない。
緩める時も同じだ。限られた回転範囲内で連続して作業ができるのが大変便利だ。
別にクニペックスから宣伝料を貰ってはいないが、プロ、素人問わず工具箱にこのプライヤーレンチを新たに導入することをお勧めする。

絶妙な機構です、よく考えてあるなあと思います。回転方向に口先が閉まるので手前のレバーを押すだけで使えます、ここがすばらしいです
普通のレンチよりしっかりトルクがかかるようで高いだけのことはありますね

水回りのトラブルの時などは、ウォーターポンププライヤーを使っていたのだが、あれだと物に傷がつく。
この商品はウォーターポンププライヤーと同じだけの「回す力」がありながら、対象物に傷をつけないで、しっかりとつかむ。

非常に使い勝手の良い商品だ。

ウォーターポンププライヤー(ガニ)
モンキーレンチ
の特性をうまく利用した道具です。
少しの力で握って握ってもきちんと締込が出来ます。逆に硬いナットなんかもはずせます。
でも、使い方に慣れるまでは使いづらいと思いますが、慣れてしまえば超便利な道具です。

どこかのサイトで「ナットの山が潰れていても掴んで回せる優れもの」との話を聞き試しに購入。
実際に使ってみて、そのパワフルさにはすぐに納得。
サイズを合わせて掴んでしまえば、ほとんど万力と変わらないぐらいの安定感で持てます。
若干モノが大きいので使用用途は限られますが、元々窮屈な場所で強い力が必要になることは少ないので、それは既存の道具で対処できる些細な問題です。

一度工具をかませてから抜く必要がないので楽!

ギザギザがないので傷付きにくい!

モンキーと違い、握って回すのでなめにくい!

仕事柄、配管接続ナットを回すことが多い(メガネなど使えない)ので、今のところ最高です。

knipex16

KNIPEXプライヤーレンチ8603-250はコチラ

KNIPEXプライヤーレンチ8605-250を使った人の声

プライヤーレンチAmazonカスタマーレビュー

車載工具としてモンキーレンチやスパナセット、プライヤーの代わりに工具箱に入れています。

ウォーターポンププライヤーと形状が似ていますがそれとは異なりアゴが平行に動くことに徹底的に拘った形状です。
ウォーターポンププライヤーと同程度に強い力でつかむことが出来ます。
六角ナットを廻す場合も、工具とナットの間の遊びが全くできないのでスパナやモンキーレンチよりも向いています。
とくに水道などの化粧メッキナットを廻すには角がつぶれず傷がつきにくく良好です。

工具表面はクロームメッキで上品なツヤに処理されていて錆びにくいです。
8605-250の250は工具の全長です。
最小0mm最大46mmでアゴが開きます。
8605と8603ではグリップの処理が異なっていています。
この8605ではグリップが2種の樹脂で出来ていて、グリップ形状も8603より太く力が入りやすく濡れても滑りにくいです。

高価ですが特許製品のため他社には無い形状と機能です。
ドイツの工具メーカーKNIPEX製、MadeInGermanyです。

握りモノメーカーとしては世界一とも言われる同社。
握りモノ、言いかえれば人の握力を効率的に先端に伝えることのできる工具であり、このノウハウはさすがの一言です。

このプライヤーレンチのミソは、ジョー(先端の挟む部分)が平行移動し対象物を挟み込むことと、そこに極めて強い力を掛けられることの2点です。
前者がクローズアップされがちですが、秀逸は後者。テコの原理をうまく活用し、最大限、握力を増力しています。
この工具をよく見てみると、グリップ部が力点、丸いぽっちの部分が支点、ぽっちとジョーの間辺りの突起部が作用点であることが分かります。
一般的なペンチ等は対象物を掴む位置が作用点となり、根元に近い部分の方が力が掛かりやすくなっていますが、
このプライヤーレンチは対象物を掴む位置にとらわれず常に一定の力が掛けられます。
そして、それら一般的なペンチと比べ、<支点⇔力点>と<支点⇔作用点>の距離の比が極めて大きいことが分かります。
これによって、極めて大きな力を生み出しています。
もちろん、その力を無駄なく生かすための部材の強度や精度があってのことですが、まさに構造美ともいえる一品だと思います。

また前者は平行移動して挟み込むという独特の構造で、他の工具では万力やクランプぐらいしか思いつきません。
主な用途はオートモービル等の多様なサイズのナットの締結ですが、(自己責任で)潰す、挟んで捩じるなどにも使えます。
ジョーにギザがないことから対象物を傷つけず、一般家庭での使用シーンも多そうです。

サイズは125mmから大型の400mmまでありますが、始めの1本であればこの250mmがオススメです。
握りモノとしては大きくなりますが、
大きな力を掛けるというメリットを最大限引き出しつつも、手持ち工具の可用性の高さを活かすことが出来ます。

同社製のコブラと同じくプッシュボタンスライド式のレンチです。
プッシュボタンを押してロックをリリースし好みの位置までアゴを移動させたらボタンを
放し固定で即座に使用可能な状態になりますので1本あると便利な工具です。
この製品は同社最新型のコブラで搭載されたクイックステップ方式は採用されて
いないため毎回この動作が必要となりますので若干ですが合わせに時間がかかります。
グリップを押し込みでアゴがもう1段階上に上がりしっかり締め付けられるため所謂
アゴの遊びやカムアウトが殆ど起きないので対象物を痛める事がありません。
この製品はコンフォートグリップのためプラスチックコートの物より強くトルクを
かけられるため製品コンセプトとマッチしており相当使い勝手がよくなっています。
またアゴのカバー範囲が広いため何本もモンキーレンチを用意する必要もなくなり
工具箱の軽量化及び作業中の持ち替えが少なく出来るため効率化が可能です。
ただし弱点も多くあり価格が高すぎる、幅が広い/ボタンがあるため幅の狭い所に入らない、
柄が長いため狭い場所での作業に適さない、片手で使えない等が上げられます。
特にグリップに力を入れ続けないと固定が出来ないためモンキーレンチを2個使う
といった作業の変わりは全く出来ませんので全てにおいて万能ではありません。
個人的にはメッキモデルしかなく磨きモデルがないという点はちょっと気になりました。
誰も突っ込まないので弱点を多く記載しましたが環境にマッチすれば良い買い物になると思います。



knipex18


KNIPEXプライヤーレンチ8605-250はコチラ


強力ニッパ ー 日本型とヨーロッパ型の違い?!

日本で言う通常のニッパーは、JIS規格の商品名では、強力ニッパーと言います。

なので日本では通常のニッパーは強力ニッパーと言うのが正しい言い方なのです。

KNIPEX

切断能力は軟銅線や細いワイヤーが切れるレベルです。

しかし、ヨーロッパで強力ニッパーというと、ピアノ線が切れるニッパーに相当します。

日本の強力ニッパーより大幅に切断能力が高いのです。

KNIPEX(クニペックス):強力型斜ニッパー(硬線用) 7405-250はコチラ

日本では、日本型の強力ニッパーのことを強力ニッパー日本型と呼びます。

そして、ヨーロッパの強力ニッパーはヨーロッパ型と呼びます。もちろん、切断能力で分けられています。

しかし、わかりづらい事にヨーロッパでは 強力ニッパーヨーロッパ型とは明記されていません。

と言うより、日本型のニッパーはないのです。なので、当然強力ニッパーヨーロッパ型という言い方はしないのです。

強力ニッパーより小さいものには、プラスチックニッパーや精密ニッパーがあります。

プラスチックニッパーはプラスチックを切るためのもので、プラモデル用としては最高です。

バリがほとんど出ないですよ。

精密ニッパーは電子基板など、細かい作業に最適です。爪を切るのにもいいですよ。

ニッパー

KNIPEX(クニペックス) 強力型ニッパー 160mm 7401160はコチラ

余談ですが、よくある爪切りって日本にしかないんですね。

柄の部分の裏にヤスリが付いた、パチン、パチンと切る、そうそう、それです。

最近では日本のグリーンベル社が作っている「Seki Edge」シリーズという爪切りが海外ですごい人気になってるそうですね。

しかし、ヨーロッパで爪切りと言えば、精密ニッパーと同じ形をしています。

日本の爪切りは爪を押しつぶす、いわゆる、せん断という切り方なのです。

だから、断面がザラザラになるためにヤスリが付いているのですよ。

ヨーロッパでは精密ニッパーと似たものなので、しなやかに爪が切れ、切れ味もいいし断面もキレイになりますので、ヤスリ掛けはいらないのです。

特に、爪の薄い女性にはニッパー型の爪切りがオススメですかね。

日本の工具メーカーマルト長谷川工業の爪切りをご紹介していおきます。


話がそれましたが、以上が日本とヨーロッパのニッパーにおける違いでした。